お知らせ

ホーム » お知らせ » 横浜市市民文化会館関内ホールリニューアル工事を竣工

横浜市市民文化会館関内ホールリニューアル工事を竣工

横浜市市民文化会館関内ホールの歴史は、昭和10年に開館した横浜宝塚劇場に始まり、昭和45年に市民ホールへと役割を経たのちに老朽化で取壊され、昭和61年に現在の関内ホールが開館しました。

今回のリニューアル工事は、これからも横浜の文化をけん引する施設として、役割を十分に果たせるようにと、安全性と快適性に配慮し昨年の2017年11月から2018年9月まで11ケ月間で施工いたしました。

その中で弊社は、高い品質と技術を誇りに総合電気設備企業の一員として、受変電工事(JV)および電気・通信設備工事に関わり、無事故・無災害で竣工いたしました。

法人ダイレクトサポートLED照明